賃貸に引っ越す際の部屋の間取りについて。
賃貸に引っ越す際の部屋の間取りについて。

賃貸の限られたスペースで部屋数を作る

結婚する前は実家と妹と2人暮らしと賃貸生活ばかりでしたが、都心なので部屋数を家族分確保するのは高額になります。しかし、いくら家族でもプライベートの自分の空間がないとストレスが貯まってしまう為、限られた狭いスペースでいかに部屋数を増やす方法を考えて借りる事を考えていましたね。ポイントはあまり間仕切りがない部屋を探す事でした。

妹との部屋で何とお互いがベッドでしか寝れない為にダブルベットを置いて寝る時は一緒にしそれとパーテーションをサイドに置き間仕切りにしていました。最初から2部屋分なくてもベッドが置ける程のある程度のスペースであれば何とか個人個人の部屋が作れる物です。また、反対に年が近い兄弟ですとどちらが広い、狭いと喧嘩にもなるのである意味良かったです。小さな部屋がこまこまあるのは意外と使えずで物置になってしまい結局リビングに入り浸りにもなりかねません。大きく部屋をとってある方が何かと使い道が色々と出来ますね。更に部屋のインテリア1つ変えるにも狭い部屋のみですと変えるにも大きく変える事が出来なくなりがちです。分譲ですとリフォームを掛けたりと工夫が出来ますが、賃貸ですとそうもいかないので最初が肝心ですね。たくさんの色々な家に住んできましたが、ほぼこのスタイルで生活していました。

他の記事もチェック!

Copyright (C)2018賃貸に引っ越す際の部屋の間取りについて。.All rights reserved.