賃貸に引っ越す際の部屋の間取りについて。
賃貸に引っ越す際の部屋の間取りについて。

賃貸物件の間取りの注意点

僕は基本的に料理を家で行うことが多い方です。その為、基本的に引っ越しを行う際にはキッチンが広い家にするようにしております。具体的には大体2口のガスコンロを置ければ大抵のものは作れるのでそのような部屋を選ぶようにしております。

しかし、基本的にワンルームの部屋で家賃が比較的抑えられているところは、そのようなガスコンロを置けない(と言うより、ガス自体が引かれていない)ところが多いものです。そのため基本的には1K(ワンキッチン)の部屋を第一条件として検索を行うことが殆どでした。

しかし、1Kと言っても結構その定義は賃貸を貸す側の裁量で決まっているところがあると言うことが最近分かりました。基本的には1Kの定義は「ドアで仕切られたキッチンがあること」が一般的なものとなっておりますが、場所によってはドアで仕切られていないが、「キッチン部屋のようになっている」と言うことから1Kとしたり、逆に「キッチン部屋のようなものがあるが、ドアで仕切っていないのでワンルーム」と言う場合も多くあることが分かりました。そこで、料理をするから1Kと決めつけて検索するのではなく、間取り全体を見ながら丁寧に見ていくことが、良い部屋を探すコツになると思います。

他の記事もチェック!

おすすめ情報

Copyright (C)2018賃貸に引っ越す際の部屋の間取りについて。.All rights reserved.