賃貸に引っ越す際の部屋の間取りについて。
賃貸に引っ越す際の部屋の間取りについて。

賃貸アパートは?家族が少なくても3DKは必要。

賃貸アパートを選ぶ際まずはトイレ、バス、キッチン、部屋数を見ますよね。私もそうでしたがトイレ、バスは別が絶対条件で部屋数は2DKと考えていましたが、リビングが無いぶん1部屋は居間で使い、もう1部屋は寝室で使ってしまいますので荷物の置場が有りません。

その為に部屋はなるべく3部屋は欲しいものです。間取りですがダイニングキッチン8畳、居間6畳2部屋、4畳半1部屋の物件が有れば押さえた方が良いと思います。後、気をつけないといけないのが窓です。キッチン側に窓が無い場合換気が出来ない!ってことが有ります。実際、私自身も窓が片方にしかなく換気が出来ず後悔したことが有ります!また、最近はフローリングの間取りが多いですが1部屋は畳の部屋があると寝室にオススメです!理由はフローリングの材質で合成板を使っていることが多いので寝るときに寒いです。無垢の材質で有れば別話ですが…そのぶん畳の部屋は温もりを感じます。また、基本では有りますが窓の位置は南側を選びましょう!西側に窓が有る時が有りますが、夏場は西日がキツく大変室内が暑くなります。間取りを決めるときは値段とも相談ですが、なるべく部屋数の多い物件を選びましょう。

他の記事もチェック!

おすすめ情報

Copyright (C)2018賃貸に引っ越す際の部屋の間取りについて。.All rights reserved.