賃貸に引っ越す際の部屋の間取りについて。
賃貸に引っ越す際の部屋の間取りについて。

間取り図とともに現地でも確かめたい賃貸の間取り

賃貸物件の場合、住みたいエリアとその賃料が先におおよそ決まってしまいます。それだけにそのエリアに多くの物件があっても、実際には希望条件の物件はそれほど多いものではありません。そんな中から賃貸物件を選ぶことになるのですから、間取りについてもあまり細かいことまでは希望を追求できないのが現実です。しかし不動産業者の紹介する物件を間取り図だけで、ろくに実際の物件を見ないで契約してしまうのはよくありません。もちろん間取り図でもかなりのことはわかります。しかし物件のある周辺環境や、そこに行ってみないとわからないこともあるものです。

賃貸物件の契約では、不動産会社の営業マンに遠慮する必用は一切ありません。どうしても契約を結んでもらうためには、どのような物件でもいいところを探してそこを中心に話を組み立ててきます。しかし暮らしのためには間取り全体をどのように活用するかという、生活者の視点が欠かせません。たとえば洗濯機が水回りの関係などで室内におけずにベランダになってしまうことも多いものです。季節によっては洗濯をするのがたいへんに感じる時期も出てしまうので、洗濯機の配置がどこになるかを確認したいものです。そのほかのものに関しても実際に例合うつをするイメージをすると、かなり手狭になってしまうことがあります。実際の物件を見ない限りはわからないことはたくさんあります。

他の記事もチェック!

Copyright (C)2018賃貸に引っ越す際の部屋の間取りについて。.All rights reserved.