賃貸に引っ越す際の部屋の間取りについて。
賃貸に引っ越す際の部屋の間取りについて。

引っ越した後のことを考えた間取りを選びたい賃貸物件

引越した後の状況を考えて間取り選びをできずに賃貸物件選びを失敗している人は、珍しくないようです。一人一部屋の子ども部屋や夫婦部屋なども考えたり、水回りの使い勝手も実際に見学に行き、これならと合格点を出して決めてはいるのでしょうが、住まいは住んでみて快適かどうかが解るものなので、3回の改造が要るというのをなるほどと感じる人も多いようです。かといっていくら賃貸だからと言っても、経験を踏まえて三回も物件を選び直して転居をしていては、その度に大金が出ていってしまいます。だから、必ず先々まで考えた間取りを選ぶ必要があります。その賃貸にどれだけの年数は住まうだろうかということからスタートしてみると、家族の変化もどのようになっていくかが明確になりますから、もっと収納スペースがないといけないとか、もう一部屋多い方がよいとか、部屋はともかくリビングの広いところでなければ等と予想がつきます。

私の弟の場合は、下の子どもが小学校入学の3月には実家に戻り、家を建てる予定をしていましたので、期間は、5年程度でした。荷物が増えない分、収納よりも子ども達が走り回っても大丈夫な広々とした間取りを選びました。荷物は少なかったので全てスムーズに入り、予想外のこともなく快適な5年間を過ごしました。

他の記事もチェック!

おすすめ情報

  • 起業事例

Copyright (C)2018賃貸に引っ越す際の部屋の間取りについて。.All rights reserved.