賃貸に引っ越す際の部屋の間取りについて。
賃貸に引っ越す際の部屋の間取りについて。

賃貸物件の間取りを見て気を付ける事

マンションやアパートなどの賃貸の部屋探しをする時に気を付けたいことは、色々ありますが、その中でも、部屋の間取りをどこまで重要視するかがポイントとなります。ある程度、希望とする部屋のイメージを決めてから探すと、希望に近い部屋がはっきりとしますので、見つけやすくなります。

私は数年前から1Kの賃貸マンションで、一人暮らしをしています。最初は1Rのマンションの部屋を探していました。一人暮らしをする事が急に決まりましたので、物件を探す時間が1ヶ月位しか無かったので、急ぐあまり、見学した物件の中で希望に近い雰囲気の、1Kの部屋に決めました。今思えば、あと少し時間があれば、もう少し沢山部屋を見学したりして、他の物件の部屋と比べて決める事も出来たのになぁと思います。現在の住まいは、部屋は広いのですが、部屋の真ん中にキッチンが配置されています。玄関を入って直ぐの位置なのですが、部屋が玄関から入って直ぐで廊下のようなスペースが無いため、このような間取りとなっています。マンションの構造上仕方がないのですが、キッチンが中央にあるとやはり、調理した時の臭いが気になります。その点と、玄関と部屋に区切りが無いため、冬は冷気がかなり入りますし暖房が効きません。それに加え、マンションの階段を登る足跡や住人の話し声が良く聞こえます。このように、住んでみて分かった事ですが、間取りを重視する事が、部屋を決める時にはかなり重要だなぁと思います。次回はこのような点を踏まえて、余裕を持って物件探しをしたいと思っています。

他の記事もチェック!

おすすめ情報

Copyright (C)2018賃貸に引っ越す際の部屋の間取りについて。.All rights reserved.