賃貸に引っ越す際の部屋の間取りについて。
賃貸に引っ越す際の部屋の間取りについて。

賃貸に引越しするときに間取りをきちんと考える

年齢が30代にもなると、今まで住んだ、賃貸の物件はわたしの場合でも数件になります。その間に、結婚もし、子育てもしていますが、そこで思ったことです。まず、我が家は転勤族ではありませんので、ずっと同じ土地に住んでいます。わたしの考え方で家を建てることは今は考えていません。わたしが今までを振り返り後悔したことは、先々を考えないで、そのときの感覚で家を選んできたことでした。引越しって思っている以上に、お金がかかります。昔は大家さんに直接話をしたら、引越し費用が他のところより安かったなんて話も聞きましたが、今はたいてい仲介会社が介入しているので、諸費用だけでも、我が家の今の家で30万円くらいかかりました。現金での支払いです。

だからといって、子供を育てるには不便な元の家での子育ては難しかったと思います。わたしは、そのあたりを考えないで間取りではなく、デザイン性だけで家を決めたので、それだけでも大きな支出でした。例えば出産後に引越しをしたのですが、その時の30万円はかなり大きなものでした。そのお金があれば、貯金もできます。後々困らないためにも、ある程度近い未来を想定しての家選びは必要なのかなとつくづく思いました。

他の記事もチェック!

Copyright (C)2018賃貸に引っ越す際の部屋の間取りについて。.All rights reserved.